パキシルって副作用はあるのか

うつ病にかかってしまう人は、今でも後を絶ちません。これだけその病気の情報が広まってもなかなか予防も大変なのです。言い換えると、それだけ誰でもいつでもかかってしまう病気ということです。
そして、それだけ身近になっている分、さまざまな抗うつ剤が登場し、治療も進化しているのです。

パキシルでうつ病治療を

あなたは、抗うつ剤についてどの程度知っていますか。
うつ病に効く薬といっても、その仕組みもさまざまです。ここ最近では、SSRIと呼ばれる種類に属する抗うつ剤もよく使われるようになってきました。その効果もしっかりと出るからと評判にもなっていて、大勢の患者が服用しています。
うつ病の他にもパニック障害にも使われています。事件や事故や災害などで引き起こされる外傷性ストレス障害の治療にも使われているのです。

パキシルって副作用はあるのか

いろいろな心理的な病気に使われているパキシルですが、副作用もあります。この副作用との付き合いも、飲み始めのころは仕方のないこととも言えます。徐々に慣れてきて、副作用は出なくなることもあれば、強く出てしまい我慢できずに他の薬へとなることもあります。
その症状としては、口の乾き、便秘、尿が出にくくなるがあります。これらは抗コリン作用とも言われ、SSRIの薬全般でよく見られる副作用です。
あと、男性には気がかりなのが、性機能障害です。勃起しにくくなる、性欲がなくなるといった症状もでやすくなります。
あと、女性で気になるのは体重増加です。飲み始めてから太ったことを気にするようになったとの声もしばしば聞かれます。これも副作用ですので、食事のコントロールも必要になるとも言えます。

副作用はよく相談して

後は眠りが浅くなるや吐き気などの症状もあります。
副作用が出たら、医師とよく相談をして治療を進めていきましょう。必要以上に怖がる必要はありません。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫