パキシルって妊婦にも使えるのか

妊娠をするのは女性にとって、とても幸せなことでしょう。
しかし、体には大きな変化があって、かなり大変です。また、流産の不安やさらに健康に出産できるかといった不安もついてきます。
妊娠したことでうつ病を発症することもあり、実は妊娠とうつ病も関係は深いのです。

パキシルって、妊婦にも使えるのか

妊娠したら、普通に風邪薬などの薬は飲めなくなってしまいます。やはり胎児への影響を考えてしまうと、なかなか服用することはできません。
それは、抗うつ剤であるパキシルにおいても同様です。
やはり抗うつ剤を使うことで、胎児への影響があるとされているからです。その影響度をアメリカのFDAが出している薬剤胎児影響度調査によれば、他の抗うつ剤よりも重いとの評価が出されています。
そして、その影響の内容としては先天異常、心血管系異常などが挙げられております。その発生率も一般の発生率と比べても高くなってるとも言われています。
もちろん、妊娠中に飲むと必ず発症するものではありません。その因果関係についても調査中ですが、気にして方が良さそうです。

ときには妊婦でも服用を

こうしたことを見ると、やはり服用については極力控えることが求められます。
ところが、妊婦でもうつ病の症状が重いときなど、妊娠よりもうつ病の治療を優先しなけらばならないというケースでは服用も仕方ないと判断されます。
医師の診断にもよりますが、妊婦にパキシルのリスクも理解してもらった上での服用となるでしょう。

出産後も服用は

出産してもそれから母乳による授乳もあります。パキシルを飲むと、母乳内にもパキシルが確認されます。授乳したいときにはパキシルを中断となります。
妊娠、出産後に関しては、その症状を見ながら、パキシルの服用を検討する必要があるのです。

関連する記事

次の記事: を読む ≫